インターンシップ

インターンシップとは

教室の中だけでは学習することが難しい「社会性」や仕事に対する正しい「職業観」を学ぶことを目的とするインターンシップを、キャリアセクションのすべての生徒に義務づけています。この取り組みによる収入を授業料や通学費などに充て、生徒たちは自立した高校生活を送っています。また、この3年間の経験は、卒業後の進路決定にも大いに役立ちます。

月の収入はいくら?

どんな職業で働いてる?

  • レストラン
  • 工場
  • スーパーマーケット
  • ファーストフード
  • ホテル
  • ヘアサロン
  • ホームセンター
  • その他 コンビニ、ケーキ屋...etc

キャリアセクションでは、学校の学習のない時間帯(Aコースは午後から、Pコースは午前中)にインターンシップを行います。1日3時間以上・週5日以上・1か月60時間以上の勤務を、卒業までの3年間継続することを原則としています。
キャリアセクション必須 グロースセクション推奨

先生のメッセージ

日野先生

社会をいち早く知り、向き合うことが大切

生きる力をもって社会へ踏み出すためには、厳しい社会をいち早く知り、向き合いながら工夫や努力を重ねることが大切です。インターンシップは、現場で生きた学びを得られる絶好の機会。他の高校生よりも一歩も二歩も成熟した青年として社会に出るためのステップにしてほしいと思います。(日野先生)

生徒のメッセージ

インターンシップ先を教えてください!

気になる先輩たちのインターンシップ。
どこで、どんなふうに働き、どんなことを学んでいるのか、3人の先輩に聞いてきました。

美容室「エクファ ヘアガーデン」

1年生

美容室「エクファ ヘアガーデン」

お客様や先輩からの「頑張ってるね」の働く喜びと責任を感じて。

美容室でのパーマの補助やハンドマッサージなどが私の担当業務です。常にお店全体の様子を見て、自分ができることを見つけて自主的にやるように努めています。お給料をいただくからにはプロとして責任があると思うので、レッスンで教わったことは自宅でも繰り返し練習して、しっかり知識と技術を身につけていきたいです。

スーパー 「ハズイ食料品店」

2年生

スーパー 「ハズイ食料品店」

当たり前のことを当たり前に。積極的になることが、成長につながる。

担当業務は、野菜の袋詰めや商品の品出しです。自分に与えられた仕事を時間内に、完璧に仕上げることに努めています。目標は、自分がやっている仕事より一つ先のことを考えながら行動すること。仕事と勉強の両立は楽なことではないけれど、将来必ず役立つと思うし、とても楽しく続けられていて毎日がすごく充実しています。

レストラン 「レジーナ」

3年生

レストラン 「レジーナ」

考えるクセが身に付いたことで、少しずつ仕事へのやりがいが見えてきた。

京都タワーホテルで宴会調理や盛りつけ、洗い物を担当しています。心がけているのは、一つひとつの仕事を丁寧に素早く、次の動きを考えて行動すること。以前は忙しいと目の前のことだけに目が行ってしまいがちでしたが、3年目に入って自分が考えた通りに動けるようになり、新しいことにも挑戦しながら日々やりがいを感じています。